読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

attsumiの日記

日々のことを。

はじめてのマラソン

マラソン大会で10km走りました。制限時間90分のところを83分でゴール。応援にきてくれた家族には「タイムオーバーかと思った」と言われた。走り始めてすぐ、脛と足首が痛くなってしまって、途中歩いたり、給水所で少しストレッチをしたのも時間がかかった理由です。このまま足が痛かったら棄権かなぁと思っていたので、後半ましになってきてよかった。

10kmのマラソンで、楽しいなと思えたことが2つあった。ひとつは風景を見るのが楽しいこと。もうひとつが応援されること。沿道の人にも「頑張れ〜」って声をかけてもらえるし、私を追い抜いていくランナーの何人かが「ファイト」って声をかけてくれた。応援されると嬉しいですね。

継続できる運動の趣味がほしくて探しているんだけれど、ランニングはありかもな。風景が綺麗なところで走りたいので、今年のどこかで海沿いの道とか走りたいな。とりあえず2月、多摩川沿いのマラソン大会でまた10kmか5km走ります。

振り返りです

keep

  • 完走できた!
  • 週1以下の頻度だけれど、運動する習慣ができた

problem

  • 脛が痛くなってしまった
    • シンスプリントという症状が近しい気がする。

【ランニング】走り始めのスネの痛みを無くす5つの方法

  • 練習、週1以下の頻度でしか走れなかった

try

  • シューズをランニングシューズにする(今回はランニングシューズで走った)
  • 脛や足首の筋肉をつける

2016年振り返り

今年は頑張った感が強い一年でした。京都から東京に引っ越して転職したのが大きかったなぁ。周りの人にたくさん助けていただきました...ありがとうございました。

今年の元旦に「安定した穏やかな生活が送れますように」と絵馬に書きました。環境は大きく変わり続けていたけれど、おかげさまでまずまずの落ち着いた状態で入られたと思います。

今の私が考える「安定」は

  • 経済的にひとりで食べていける状態であること
  • 不安やストレスで本来やるべきことができない・あるべき状態でいられない、といったことがないこと

って感じです。安定なんてあってないようなものだと思うけれど...。でも、ここに書いたふたつは私にとって最低限必要なもの。

いろいろあったけれどいい年だったな。2016。
来年も最高の一年にしていくぞ〜

疑う心

f:id:attsumi:20161217215509p:plain
「運動習慣がほしいけどモチベーションがあがらない、どうしたらいいか」と母に相談したところ「マラソン大会に出ることにしたら習慣的には走るようになるのでは」と言われ、正月開催のマラソン大会にエントリーした。おとうとと義妹も一緒に出てくれることに。申し込んだコースは10km。

母の見込みは見事にあたって、まったく運動する習慣がなかった私が、ほぼ毎週末走るようになった。strava というアプリを使って距離とペースの記録を取ることにした。ペースのところをみると「8:00/mi 」とある。だいたい毎回そのくらい。マラソン大会では、90分という制限時間があるので、1km9分以内のペースで走る必要がある。「8:00/mi = 1km8分」だと思っていたので「やばいなー、10kmを90分で走れるのかなー?」と不安だった。

おとうとに「2.4km走った。1km8分のペースで。10km走りきれるか不安だよ」といった内容を "2.4mi 8:08/mi "と書かれているスクショと一緒に送ったら「単位、マイルやん」て返信がきた。はっとして設定ページを見ると、単位がマイルになっている...。設定を km にすると "3.9km 5:03/km "に表示が切り替わった。1km5分のペースで走っていたら、そりゃ疲れるよ。mi を km だと勘違いして「私は走るのが遅いから、失格になりそう」って思い込んでた。運動しないものだから自分の走る速度がどのくらいかや距離の感覚がない。練習では誰かと一緒に走るわけではない。自分では「遅いのだろう」と思ってた速度が一般女性にしては速かった。

「自分一人で何かをやって、成果を自分の物差しで評価していたけれど実際はもっと良いものだった」みたいな経験がまれにある。
今回は、単位の見間違いからきた勘違いなんだけれど「本当にそうなのか」と疑う姿勢と他人の目を通す(そしてそれも本当なのかを疑う)ことで、少しは軽減するんじゃないかなと思っている。

気が強くなった

f:id:attsumi:20161209003136p:plain
特にここ数ヶ月で気が強くなった。

自分の意見を持ち、心を強く持ち(ここだいじ)、どうしたらうまくいくかを考えて行動する。気の強さ、必要とは思うけれど、まあまあ大変だった状況で身につくことが多かったからか、今は気の強さから出るアウトプットがとげとげしい気がする。まだまだまろやかにできる余地はある。

思い出をピン

f:id:attsumi:20161208003213p:plain

夜、終電が終わってから高円寺から家のある等々力まで歩いたことがある。部署の飲み会が高円寺であって、同じ方角の人が3時くらいに歩いて帰るって言ったので、私も便乗することにした。その日は今の家の入居日だった。家までは13kmの距離。最初の6,7kmは会社の人と一緒で、あとはひとりで歩いた(と思ったけれど、3kmくらい、始発の世田谷線に乗ってワープしたのだった...だから実質歩いたのは10kmくらい)

最後の2kmくらい、駒澤大学あたりからがきつくて「タクシー乗ろうか...」って何度も何度も思った。7月で暑いし、汗でどろどろだし、眠いし。朝日が眩しい。でも、ここまで歩いたんだからって意地になって歩ききったのだった。

あれは、決して楽ではなかったけれどやってよかったな。世田谷線沿いは緑豊かでいいなって思ったこと、駒澤大学周りに気になるお店があること、環七沿いの車通りと騒がしさ、とか、グーグルマップではわからない一次情報を地図に紐づけられた。

さらには、その日に通った道を通るたびに高円寺から歩いた日のことを思い出すようになった。地図にピンを立てるように、目の前の風景に思い出をピンする感覚。長く暮らしていた京都にはいろんなところにピンが立っている。きっとこれから、東京でもピンが立っている風景が多くなる。

蒸し置き #つくりおきアドベントカレンダー

つくりおき Advent Calendar 2016 - Adventar 4日目のエントリです。

こんにちは、attsumi です。都内在住の独身女性です。
突然ですが、私の家には電子レンジがありません。
「私、電子レンジは使わないんです」的なこだわりではなく単純に引っ越しで家電をたくさん買ったため、まだ電子レンジが買えてないという状態です。

「電子レンジがないなら焼けばいいじゃない」そう思っていた時期が私にもありました。しかし、温めたいけど焼きたくない場合というのが多々に存在するということがわかりました。

そんな時に便利なのが中華せいろです。蒸せば良いのです。

f:id:attsumi:20161204171059j:plain
今日はこのせいろを使って小籠包もどきを作ってみようと思います。


f:id:attsumi:20161204171949j:plain
まずはいろんな野菜を切ります。家にあった白菜とえのきと玉ねぎです。
これを豚ミンチとあえて、しょうゆ、お酒で味付けをし、刻みニンニクをいれ、タネをつくります。
いろんなレシピを見ると、ゼラチンをいれろと書いていました。なるほど、小籠包に箸をいれたときにじゅわっと出てくるスープはゼラチンが入ってるのですね。しかし、ゼラチンなんぞひとり暮らしの家にないので諦めました。

f:id:attsumi:20161204171443j:plain
つつめたぞ〜。餃子の皮が普通のサイズだったので、上下から2枚でタネを包み込む荒業にでました。よくばりなのでかぼちゃとキャベツも一緒にいれました。

f:id:attsumi:20161204171708j:plain
早速鍋の上において蒸します。1F(鍋)では卵を茹でます。
ひとり暮らしだとちょっとずつ色々食べたい〜がなかなか叶わなかったりするのですが、蒸し料理だと同時にいくつも料理が作れて良いですね。

f:id:attsumi:20161204171013j:plain
12分ほど蒸したところで完成!竹の良い香りがします。
ごま油と醤油をまぜたタレにつけていただきます。かぼちゃもホクホクです。

使ったもの

15cmのミルクパンの上に乗せて使っています。さっと野菜を蒸す時に良い大きさです。
いろいろ食べたい時もあるので、もう1段追加して、鍋(1F)+せいろ(2F、3F)の3階立てにしたい!

せいろが汚れなくて便利。でも直径15cmのせいろだとやや大きめで余るので、使用時に燃えないように注意です。

ヘルシーだし温まるし、せいろ料理は最高。

明日は id:astj さんです!

好意の表明

f:id:attsumi:20161204132125p:plain



初恋、自分が好意を持っている人が自分にも持ってくれているってすごいな…奇跡じゃん、とやたら感激したことを覚えている。

当時、相手の人とは離れたところに住んでいて、当面会えなかったので3ヶ月(だったと思う、ちょっとうろ覚え)記念日に届くように手紙を出した。当日、自分の家のポストを見ると驚いたことに、相手の人から手紙が届いていた。一瞬、「自分が書いた手紙が届かなくて戻ってきちゃった?」と思ったけれど、そうじゃない、相手の人も同様に私に手紙を書いてくれていた。もちろん、相手の人に手紙を出すなんて言っていない。

もう10年以上前の話です。関係は次第に終わってしまうのだけれど、最初に感じた「互いに好意を持っているってすごいな....」という衝撃は忘れられない。あと、書きながら、今だったら特別な日に特別なことをしていただけるより、共同生活の中での好意を受ける方が嬉しいような気がするので、なんだか年をとったなと思いました。