attsumiの日記

日々のことを。

くだらないこと

24歳の同僚に「同い年です」って言ったことなかった(と思う)けれど「わたしたち同い年だから〜」みたいに言われても特に否定しないまま、ここまで来てしまった。
実際、わたしの年齢も24歳とそんなに変わらない。それよりも、異なる年齢を言われていたのに否定しなかったっていうのが大きい気がする。


夏くらいまで年齢聞かれても曖昧に答えたり隠したりしてたので、誕生日(夏生まれ)にいただいたケーキのメッセージは「あつみさん ?さいおめでとう」だった。ありがとうございます。

秋くらいから、年齢聞かれたらたまに答えるようにしてた。
相手の反応を見ていると、わたしの年齢がいくつかとか本当にどうでもいいはなしだよな〜ってわかる。
わたしだって、周りの人の年齢がいくつかってそんなに気にしたことないし「実は何歳です」って言われても「へぇそうなんだ」くらいにしか思わない。

年齢に限らず、誰もそんなに気にしてない。それに、隠すって行為をすると隠したものがネガティブに思えてくることがあるのであぶない。